廃車にしたほうがお得なこともある

私は今は東京に引越してきたが、過去10年間は地方暮らしをしていた。
通勤や買い物など日常生活に車は欠かせない存在だ。
しかし、車の車種や性能などにはこれと言って執着はない。安全に乗れれば何でもいい。

むしろ消耗品として考えている。だから購入の際は最低ランクの車を選ぶ。
車検代のほうが高くついてしまうので車検の時期が近づくと売却し、
また同じような中古車を買い替えるスタンスだ。

地方に住んでいた頃は乗り換える度、購入先の中古車屋に下取りとして売っていた。
買取価格は1万円くらい。買い取ってもらえるだけいいかと思っていた。
東京に越してきて、車が必要なくなったのでまた売却することに。地方と違って中古車屋は

少ない。近所に見当たらなかったからインターネットで「中古車 買い取り」のワードで
検索しネットサーフィンしてたら、廃車のほうがお得との情報にたどり着いた。
廃車業者のホームページにアクセスしWEBで見積もりを取ってみた。車種、年式や車検残を
入力するだけで、小一時間もしたら見積もり金額がメールで流れてきた。その金額は何と
2万円。

どうせなら少しでも高く買い取ってくれたほうがもちろんいいので即その会社に決め、
廃車依頼をかけた。

しかしどうして廃車にするほうがお得なのか?ネットで調べてみたところ、その理由は
大きく分けて2つあって、まずは車検が残っていた場合には未経過分の自動車税などが
還付されること、そして車の各パーツが海外などに輸出するとそれなりに儲かるらしい。
自動車業界の販売ルートはものすごく広いということだ。

中古車査定で100万もする車を廃車にするにはあまりにも勿体ないが私のように
二束三文の車や事故車などは廃車にしたほうがお得だと思った。